これからは塗り壁の常識が変わります

日本の気候風土や近年のシックハウス症候群などの環境問題においても、住宅の内装仕上げには、絶対に塗り壁が良いはずです。

では何故、工務店・ビルダー様は施主様に積極的に塗り壁を薦められないのか、また、施主様も自ら進んで希望されずに、ビニールクロスを選択されるのでしょうか。
弊社は、この疑問に対して真摯に取り組み、その答えが明確にわかりました。
それはずばり、塗り壁は、①高価である、②クレームが多い、③工期がかかるという、3つの要因があるということです。
依って、この三大要因を克服すれば、塗り壁はもっとポピュラーなものとなり、広く普及するに違いないと確信しました。
では、どのようにしてこの三大要因を解決するかですが、弊社は、日々の研究で試行錯誤を繰り返し、塗り壁の材料だけではなく、工法そのものから考え直す必要があると結論付けました。そうして完成させたのが、特許として認められた「VIARO」(ビアロ工法)です。

「ビアロ工法」は、ローラー塗り(細目砂骨材ローラー)が基本ですが、厚付けローラー(荒目砂骨材ローラー)やコテにより様々なテクスチャーが安価で楽しめ、施工性も良く、DIYにも対応できます。
また、ご存知のように、塗り壁は下地が命と言っても過言ではありません。そこで、ビアロ専用下地シートを使うことにより、下地が均一になり、ひび割れ・色ムラも解消できます。

また、自然素材を主として住宅を建築されておられる工務店・ビルダー様も、塗り壁においては、さまざまなご苦労がおありだと思います。
どうぞ、これを機会に、塗り壁というものをもう一度見直されまして、他社との差別化を図るためにも、弊社の「ビアロ工法」をご採用いただき、施主様に対して自信をもって塗り壁をご提案されては如何でしょうか。

必ず、施主様と御社のWIN-WINの関係をお築きいただけるものと確信いたしております。

お問い合わせはこちら

CONTACT US